12月のお菓子教室が終わりました

いよいよ、12月。師走ですね
1年が経つのは 本当に早いなぁ~と、毎年この時期に思います。

今日をもって、今年のお菓子教室を無事に終えることができました。
レッスンにいつも参加して下さる方々、そしてこの案内を楽しみにしていて下さる方々、
どうもありがとうございます。
また来年も、美味しいお菓子を作っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

尚、2007年1月のレッスンは、お休みです。
次回は、2月3日(土)15時~ の予定です。

メニューは、1月初旬にまたご連絡させて頂きます。どうぞ、お楽しみに♪


12月のレッスンは 恒例の 「ブッシュ・ド・ノエル」でした。

「ブッシュ・ド・ノエル」 とは・・・
ブッシュ=薪、ノエル=仏語でクリスマスという意味です。
暖炉に薪を燃やし、その灰をとっておいて、来年また燃やすと、害虫を防ぐことができます。
新しい年もまた繁栄し、末永く幸せに暮らすことができますようにとの祈りを込めて、
作られます。                 (今田美奈子著・365日の幸福を呼ぶお菓子より)


今回は、ご家庭でも作って頂きやすいように、そして皆さんが大好きな『苺とクリーム』
組み合わせにしました。
そして、当日までのお楽しみ♪は 『苺のピュレを使ったクリーム』 でした。
写真では、少し分かりにくいかもしれませんが、ほんのりピンク色なのです。
(写真の上で、クリックしていただくと、画像が大きくなります)

スポンジは、シンプルなジェノワーズ(共立てのスポンジ生地)。
薄力粉とコーンスターチを使っているので、非常に軽やかです。
そして、今回のアクセントは、実はシロップにあります!
スポンジとクリームが比較的あっさりしているので、フランボワーズのピュレ、そしてキルッシュ
(さくらんぼから作ったブランデー・苺のお菓子に合うので、よく使われます)がたっぷり入った
このシロップで、全体を引き締めています。

のクリームは、生クリームと粉糖、苺のピュレだけで作る、とても簡単でシンプルなもの。
そして、ブッシュ・ド・ノエルの中には、細かく刻んだがたっぷり

最後は、ゴールド を中心に、キュートに仕上げました。
そして、angelique(天使)も登場しています☆

本日の紅茶は、ルピシア「CAROL(キャロル)」でした。
苺とバニラの甘くて優しい香りが、今日のケーキにぴったりでしたね。


苺の価格が少し下がり、買い求めやすいお値段になっています。
(またクリスマス直前に、値上がりすると思いますが・・・)
こういう可愛いクリスマスケーキは、いかがでしょうか


CAQ76F21.jpg