隠岐の島 ウルトラマラソン

    DSC_0303a.jpg

先週末のこと、島根県・隠岐の島で行なわれた ウルトラマラソンに参加してきました。
初めての100km。

朝5時 隠岐ポートプラザ前を スタート。
綺麗な景色の海岸線を通りぬけ、前半最大のアップダウンの前に 中村漁港(さざえ村)で
さざえご飯のおにぎりを頂いて、途中 いろんな方に声を掛けたり、掛けて頂いたりしながらも、
第1関門 48.5kmのレストステーションで、ひと休憩。

アイシングしながら、おにぎりや温かいお味噌汁を頂いて、待っていてくれた友達と一緒に
またゆっくり走り出します。

11時半に、50kmの部がスタート。
あの公務員ランナー/川内優輝選手が 招待選手として参加しているので、私達の後ろから
川内選手が追い抜いていく・・・。なんて、滅多にできない事も 経験しました。
(53km地点で 「川内選手、頑張って~」 と声を掛けると、軽く手を挙げてくれました♪)

        2012_map1.jpg

隠岐の島は アップダウンがきついため、他の大会より制限時間が少し長いのです。
最後まで足を残すために 上り坂は歩く!と決めていましたが、60km手前では 海からの強風で
帽子はとばされるわ、息はできないわ、前に進めないわ 状態だったので、平地だったにも
かかわらず、歩きました。

途中、W杯の結果を段ボールに書いて お知らせしてくれる人や、ゼッケン番号を見て名簿で
名前を確認して「○○さん、頑張って!」と声を掛けてくれる人、小さな子供が「どうぞ~」と
飴を差し出してくれたり、お家の縁側に座って手を振ってくれたり。

熱中症にならないよう、2.5km毎のエイドでは 地元の中学生に頭から冷水をかけてもらったり、
スイカやパイナップル、隠岐牛の焼き肉、素麺・・・と 私設エイドでも 美味しいものをいっぱい
頂きました。 朝早くから、島の人達に たくさん応援してもらいました。

遠くまでの旅ランだったのに 意外と知り合いが多く、途中 知ってる顔を見つけては
おしゃべりして、気分転換。
めいいっぱい楽しんで、13時間06分14秒 笑顔でゴールできました。


100kmを走ると決めてから 色んな人に練習に付き合ってもらい、色んな人にアドバイスを
もらって、応援してもらいました。 そして 一緒に旅ランしてくれた ラン友さん達。 
みんなに ありがとう!

終わった後は、達成感とか大げさなものは一切なくて、
「1人で黙々と走っていたら、ゴールできていなかっただろうなぁ」 というのが正直な気持ちです。 

マラソンも お菓子も、皆さんのお力を借りて 少しずつ前に進んでいけたらいいなぁ と思います。