11月のお菓子教室が終わりました

ハロウィンも終わり、11月に入りました。
街中も少しずつクリスマスに向けて、華やいできましたね。
毎年のように、色々なデパ地下めぐりをして、クリスマスケーキのパンフレットを集めてきました。
見ているだけでも、充分に楽しめます

今日も、日中はたいへん暖かく、過ごしやすい、いいお天気でした。
連休の間にもかかわらず、お越し下さった方々、どうもありがとうございました。


11月のレッスンは、「タルト・オ・ポンム」「バニラのアイスクリーム」でした。
「タルト・オ・ポンム」
パート・ブリゼという甘さ控えめのタルト生地・タルトには欠かせないアーモンドクリーム・
そして、しっかりキャラメルの風味がついた林檎のコンポート・林檎のスライス、
この4つの組み合わせで出来ています。

パート・ブリゼは、ザクザク感を出したい為、強力粉と薄力粉を合わせて使いました。
林檎のコンポートは、キャラメルを作ってから煮込んでいくので、しっかりと風味がつき、
このタルトの影の主役?とも言えるでしょう!
林檎は、コンポートに1個、そして上に飾るもので2個、計3個 使っています。
林檎好きにはたまりません。。。

今回の林檎は、紅玉を使いました。
程よい酸味があるので、お菓子やお料理にたいへん合っています。
もし手に入らない場合は、コンポートを煮る時に、少しレモン汁を足して頂くと、いいと思います。
ケーキ屋さんでは、時期により林檎の種類を変えていくと聞いたことがあります。
その林檎にあった、タルトを作られるのですね!
お好みでシナモンをかけていただくと、また奥深い味わいになります。

仕上げは、ナパージュ・ルージュを使ってみました。
苺やベリー系のお菓子の仕上げに使われるものですが、林檎のタルトをちょっぴりキュート
に仕上げたかったのです。
こんな可愛いタルトは、いかがでしょうか?
041106-2.jpg


そしてもう1品は 「バニラのアイスクリーム」
デロンギのアイスクリームメーカーを使い、冷やして30分
卵黄・砂糖・生クリーム・牛乳、そしてバニラビーンズ・・・
ただこれだけの材料で、とっても美味しいアイスクリームが出来るのです
皆さんもあまりの美味しさに感激!でした。
市販されているアイスももちろん美味しいですが、手作りは格別です。
これからも色々なバージョンで、レッスンメニューに取り入れてみようと思っています。
041106-1.jpg


今回の紅茶は、ルピシアのcannele(カヌレ)でした。
バニラとキャラメルの甘さがほんわか、今日のお菓子を一段と引き立ててくれました。


次回のレッスンは、12月2日(土)15時~
恒例の「ブッシュ・ド・ノエル」(薪の形をしたフランスのクリスマスケーキ)を作ります。
 ※今回はこの1品のみになります。
今年のお味は? 当日までのお楽しみです


*1月のレッスンはお休みになります。
 来年は2月からスタート。1月に入ってからまたご案内させて、頂きます。