Mt.Fuji

DSC_0004.jpg

(フランス旅日記の途中ですが・・・。)
週末、富士山へ登ってきました。

土曜日のお昼前に、富士宮ルート五合目からスタート。
小雨の中、何度も休憩をしながら ゆっくり登り、夕方には 九合五勺の山小屋へ到着。
(何合目かは忘れてしまいましたが) 振り向くと、この景色! 本当に素晴らしい。


    fuji-95.jpg


見上げると、すぐ近くに見える 山頂。(ここから45分くらい。)
「明日 あそこまで行けたらいいね!」 なんて言っていましたが、

翌朝 出発予定時刻の午前3時には、
山小屋がガタガタいうぐらいの強風と霧、この夏で一番の寒さの上に かなりの雨。
ガイドさんの冷静な判断のもと、ご来光はもちろん 登頂も諦めて、みんなで下山しました。

もちろん残念な気持ちが 全くないとはいえませんが、
綺麗な景色を楽しむことができたし、霧が出るわずかの間に夜景も見ることができたし、
山頂近くの9.5合目まで みんな揃って登れたこと、
多少の頭痛はあったものの ひどい高山病にならずに済んだこと、
たくさんの人とすれ違い 挨拶を交わして、たくさんの元気をもらったこと、
とても親切にして下さった山小屋の方々、
そして抜群のペース配分で みんなを登らせてくれたガイドさんと添乗員さん。

同じツアーでご一緒した皆さん、
そして「普段のトレランの方がしんどいよね。」「フルマラソンの方が疲れる。」 とけろっと
言ってのけた(笑) 元気でどんな時も笑顔が絶えなかったラン友さん達。
(トレラン50kmとか、ウルトラ100kmとか走る パワフル女子揃いでしたから・・・。)
いろんなことに感謝をした 3日間の富士山の旅でした。


下山途中、大きなマイクとカメラマンが居るなぁ~。と思っていたら、24時間テレビの
イモトさんでした。 あの悪天候の中、最後まで登られたそうですね。

他に見ていると、軍手すら持っていない人、レインウェアを着ていない人、小さな子供がいる
のに 登頂を目指すことしか考えていないお父さん、雨に濡れて低体温になっている人・・・。
お天気がよければ なんとかなるかもしれないけれど、テレビのニュースでいろいろと問題に
なっていたことを思い出しました。

山での行動は、全て自己責任。
生命に関わることなので、どういう理由で登れないのか、どんな危険性があるのかを、
丁寧に説明をして下さった ガイドさんの判断は、今回正しかったと思います。

機会があれば、またぜひ登ってみたい!
富士山には、不思議な魅力がありました。