Coussin de Lyon

          voisin-2.jpg

リヨンの街で見かけた 小さくてカラフルなお菓子 クッサン・ド・リヨンは、チョコレートと
シロップで作ったガナッシュをマジパン(アーモンドと砂糖で作るペースト)で包んだもの。
緑・ピンク・紫と色合いも鮮やかです。

クッサン・ド・リヨンの由来は、ペスト蔓延にリヨン市民が苦しんでいた1643年、疫病を鎮める
ため、フルヴィエールの丘で7本の大きなロウソクに火を灯し、絹のクッションに上にのせた
金貨を捧げて、聖母マリアに祈願したことに始まります。

以来 毎年9月8日に祈りが捧げられるようになり、リヨンの菓子店「ヴォワザン」の菓子職人が、
祈りの際に使われる絹織物のクッション(仏語で クッサン)をかたどったお菓子を考案したのが
「クッサン・ド・リヨン」と言われています。

    voisin-1.jpg

10年前リヨンへ行った時は、まだこのお菓子のことを知らず 「緑色のなんだか気になるお菓子」
だったのですが、今回やっと味わうことができました。
「甘い!」という意見もちらほら聞きましたが、私は思っていたより(笑)美味しく感じました。