Eze

    eze-3a.jpg

旅のはじまりは、パリ経由のニース。

到着した翌日は バスに乗って 鷲の巣村で有名な ” Eze エズ ” へ 出かけました。
ニースからバスで、約30分。

ホテルの人にバス停を確認すると、2時間に1本しかないよ。とのこと。
えーっ、ガイドブックと違う・・・と思いつつ、絶対違うはず!と 実際にバス停で時刻表を
確認すると、ほぼ1時間に1本(82番と112番)ありました。

結局、どちらかは忘れたけれど、待っていたのとは違うバスが 遅れて到着。
バス停で待っていた人全員が、そのバスに 乗りました。


鷲の巣村 nid d'aigle というのは、昔 サラセン人(トルコ人、アラブ人、ムーア人を総称
した呼称)の攻撃から逃れるため、相手から見えない場所に村を造ったのが始まりと
言われています。 

          eze-2.jpg

村に入ると、細い通りが迷路のように入り組んでいます。
色々なショップやアトリエがあるので 楽しみつつ、急な坂道を上がっていきます。

          eze-2b.jpg
Chateau Eze シャトー・エズは この先↑

この小さな村にも 有名なレストランがあります。
もうちょっとゆっくり時間があれば、寄ってみたかったなぁ。

          eze-4.jpg

みんなが目指すのは、高台にある エズ庭園。
庭園としては どうでしょう・・・という感じのサボテンばかりでしたが、こちらから見る
この景色が 最高☆

    eze-1.jpg

海抜420m、限りなく空に近いです。

          eze-5.jpg

下る途中で見つけた ラベンダー。
ニースへ向かう バスの車窓から見える景色も とても綺麗でした。


 socca.jpgsocca-1.jpg

ニースに戻り、少し遅めのランチ。
” Restaurant l'atelier ” で、ニース名物のソッカ(ひよこ豆の粉をクレープ状に焼いたもの)
を 食べました。

本来はもっと素朴なものだけれど、アンチョビやサーモンを使ってサラダ仕立てになっていて、
凄く美味しかった!

お隣に座っていたマダム達も、私たちのソッカが気になったようで 「何を、頼んだの?」
「美味しい?」 「ソッカ、気に入った?」 と話しかけてきてくれました。