11月のお菓子教室が終わりました

         11-1.jpg

11月のお菓子教室が 終わりました。
ご参加下さいました皆さま、どうもありがとうございました。

今月は、” Tarte aux Pommes 林檎のタルト ” と ” Tarte Tatin タルトタタン ”
青森県のりんご農家さんから送って頂いた、たくさんの林檎を使ってのレッスンに
なりました。

              11-4.jpg

” Tarte aux Pommes 林檎のタルト ” は、以前にもレッスンをしたことがあるので、
今回は カントリー風に? 仕上げました。

パート・シュクレ(生地)には シナモンをきかせて、クレームダマンド(アーモンド
クリーム)に、ラム酒漬けのレーズン・たっぷりの林檎・クランブルをのせて、
しっかり焼き上げました。 素朴な味わいが、とっても美味しいタルトです。

              11-3.jpg

もう1つは、生徒さんからリクエストを受けていた ” Tarte Tatin タルト・タタン ”
まずはフライパンで、お砂糖・バターで林檎をキャラメリゼし、型にしっかり詰めます。
* 1日目は、もう少しキャラメル色をつければよかったです。 すみません。

             Tartetitin-2.jpg
             * 直火にはかけていません。

レッスンでは、12cmマンケ型に 紅玉3個!使いました。
そして更に、オーブンで40分ほど 火を入れていきます。

今回は、パートブリゼ(生地)は別に焼いて、タタンをひっくり返す時に底に敷きました。
りんごの上に生地をおいて、同時に焼く方法もありますが、別々に焼く方が ブリゼが
サクサクしていて、私は好きです。


とても人気のある ” タルトタタン ” は、実は 失敗から生まれたお菓子。
フランスの中央より少し北に位置するソーローニュ地方のラモット・ブーヴロンという
小さな街にある、1894年創業の 「ホテル・タタン」 のタタン姉妹のある失敗から作られた
お菓子という お話があります。

当時と経営者は変わっているそうですが、今でも「ホテル・タタン」の経営が続いていて
有名なタルトタタンを楽しみに、たくさんの人が訪れるそうです。
9月には タタン祭りもあるそうで、私もいつか訪れてみたいものです。

              11-2.jpg

お紅茶は、マリアージュ・フレールの ” マルコポーロ ” をご用意しました。
そしてまた 写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ラッピングにも 真っ赤な林檎が
登場しました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来月のレッスンは、” Gateau de Noel クリスマスケーキ ”
ご自宅でも作って頂きやすいアントルメにしようと 思っております。

 12月 3日(土) 15時~ * ありがとうございます。満席となりました。
     4日(日) 11時~ * お席がございます。

■ 大変申し訳ございませんが、12月のみ レッスン代が \6,000と なります。
ご了承下さいませ。

■ お申し込み、受付中です。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。