6月のお菓子教室が終わりました

6月のお菓子教室が 終わりました。
今月は、”Mousse Mangue マンゴーのムース” をレッスンしました。


         moussemangue-a.jpg


今回の生地は、ビスキュイ・キュイエール。
キュイエールというのは、フランス語でスプーンの意味で、まだ口金などの製菓器具が
ない時代に、この生地をスプーンですくって流し、焼いたのだそうです。
丸口金を使って、1本1本同じように 丁寧に絞りだします。

次は、イタリアン・メレンゲ。
こちらも、久しぶりの登場!でした。
120℃に熱したシロップを 泡立てた卵白に流し入れ、荒熱が取れるまで、さらに泡立て
続けます。 そうすると、粘着力のある綺麗なメレンゲが出来ます。
このイタリアン・メレンゲで作るムースは、非常に口溶けがよく、あっさり仕上がります。


         moussemangue.jpg


デコレーションは、宮崎県産マンゴーと アメリカンチェリー、ブルーベリーに ミント。
今の季節にぴったり!のお菓子になりました。

今月のお紅茶は、京都/ラ・メランジェさんの ”クイーン・オブ・サウス” でした。
マンゴーにあわせて、アプリコットとピーチの香りのエキゾチックなフレーバーティーを
選びました。


            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月のお菓子教室は、 7月 3日(土) 15h~ 

” Gateau Ananas ガトー・アナナ ”  
アナナとは、フランス語でパイナップルの意味。フレッシュなパイナップルをコンポート
して、夏らしい焼き菓子に仕上げます。


皆さまのご参加、心よりお待ちしております。