10月のお菓子教室が終わりました

この週末は、いいお天気でしたね。
中秋の名月、雲の間から ちらっと見ることができました。

10月のお菓子教室が 終わりました。
今月は ” Paris-Brest aux Marrons / マロンのパリ・ブレスト ” を レッスンしました。

          031009-1.jpg


”Paris-Brest / パリ・ブレスト” は、1891年 パリーブレスト(ブルターニュ地方の街)間で
行なわれた自転車競技を記念して、お菓子やさんが 作り始めたと言われています。

シュー生地を リング状に焼き、上にはスライスアーモンドを飾り、シューの中は プラリネの
バタークリームが基本です。
このリング状が、自転車の車輪を表しているのだそう

以前 プラリネクリームでレッスンしたことがありましたので、今回は秋らしく マロンクリームで
仕上げてみました。 バタークリームが重くならないよう、まずしっかり空気を含ませることが、
ポイント!です。

パリのお菓子やさんで よく見かけるのは、直径10cmぐらいの プチ ”パリ・ブレスト”
こちらは 星口金で小さく1周絞ると、綺麗なリング状に焼きあがります。
ご家庭では、”プチ” の方が作りやすいかも、しれないですね。

シュー生地が少し残ったので、”チュロス” も作ってみました。

          031009-2.jpg

”チュロス” は、シュー生地を 星口金で絞り 油で揚げた、スペインのお菓子。
ディズニーランドを思い出すのは、私だけでしょうか・・・。 (必ず、食べてたなぁ~) 


今月の紅茶は、ドバイのお土産で頂いた とっても美味しい 「デーツ・ティー」
Nさん、どうもありがとうございました。 この甘~い香り、大好きです♪

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回のお菓子教室は、
 11月 7日(土) 15h~  ” Mirliton / ミルリトン ” を レッスンします。

サクサクのタルトに キャラメリゼした林檎を詰めて、アパレイユを流し、粉砂糖を振って
表面を カリッ!と焼き上げます。 


ご予約は、10月17日(土)より、受付いたします。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。