France - Paris Ⅳ

パリ 3日目。

まずは、”ジェラール・ミュロ” で クロワッサンとパン・オ・ショコラの朝ごはん。
お店の端っこに、小さなイートインスペースがあるので、座って食べる。

ミュロで 一番美味しいと思うのは、シンプルなタルト。
面倒くさそうに(笑)店員さんが箱に詰めてくれた 「さくらんぼのクラフティー」 と 「クエッチのタルト」 

         ミュロタルト

程よい フルーツの甘酸っぱさが いい。 美味しいフルーツが しっかり主役のタルトです。
ミュロでコーヒーが飲めなかったので、「オデオン」前のスタバで コーヒーを飲む。

1日目以外、最高気温が15,6℃と 涼しいを通り越して、寒かったパリ。
Tシャツに カーディガン + カーディガン(無理矢理、重ね着) + ストール。
足元だけは、頑張って サンダル。 (だって、せっかく持ってきたんだもの!)
こういう格好、日本じゃ絶対にできないなぁ~。。。


落ち着いたところで、向かったのは 「レ・アール」地区にある 道具屋筋。
かつて この「レ・アール」には、12世紀から続く中央市場があり、パリの台所を支えてきたところ
なのだとか。 今は 郊外に移り、その跡地が大きなショッピングセンターになっています。

まずは、”DEHILLERIN”

         ドゥイルラン

慣れるまで ちょっと見にくいですが、欲しい物が見つかれば、かなりお安い!
このごった返した雰囲気、なんとなくうちの会社に似ているんだなぁ~。。。 (シャチョー!失礼!!)
小さな銅の手鍋を買い足したかったのだけれど、どうやら在庫切れらしい。 残念。。。
結局、大きなエッフェル塔のクッキー抜き型を購入
アジア系の店員さんをはじめ、6年前と 何も変わっていなかった。

続いて、”a.simon”
こちらは、業務用の白い食器やカトラリーが揃っているお店。
色々と欲しいものはあるけれど、我慢 ガマン。。。
小さな白い器と、子供のおもちゃもどきのガーリック刻みカー を購入。
なんでも、フタをあけて、そこへひとかけのにんにくを入れて、ミニカーを手で動かすと同時に、
にんにくが刻まれるらしい。 今度、試してみましょう!

お次は、材料やさんの ”G.Detou”
ドライフルーツをはじめ、ドラジェ・アラザン・ナッツ類など、たくさん置いています。
ピスタチオペーストは、やっぱり大きな缶でしか 売っていないらしい。 残念。。。
ここでは、ドライフルーツと バニラビーンズを購入。 

そして、”MORA”
お菓子やパンを作っている人なら誰もが憧れる マトファー社の直営店。
以前より、商品が整理整頓されて 見やすくなったけれど、その代わり 品揃えが少なくなった
かなぁ~。 気のせいかな。。。
欲しいものリストを作っていったけれど、思ったものが無かったり、会社で同じ物を取り扱いして
いるので 持って帰る手間を考えると 「ま、いっかー!」 と、欲しい物は最小限に。


駅に戻る途中、サントゥスタシュ教会から パイプオルガンが聴こえてきたので、入ってみる。
(しばし、休憩。)
映画に出てきそうな お年寄りの男性の先生に教えてもらっているのは、どうやら 日本人の
女の子。 『凄いなぁ~、頑張ってね!』 と心の中で応援をして、メトロへ。


「シャトレ」から、「オテル・ド・ヴィル」まで ひと駅。
駅前にある ”BHV” は、東急ハンズみたいなところで、1日中居ても 飽きない。
欲しいものがいくつかあったけれど、レジに並ぶ長蛇の列 (ここでも!) を見て、あっさり諦めた。

すぐ近くの ”マリアージュフレール” へ。
日本では 高くてとても買えないもの! 店内は 紅茶のいい香りでいっぱい♪
お教室用に いくつか紅茶を購入。


そうそう、歩いていて 面白いものを発見。

              ユニクロパリへ

              ユニクロ東京から

これを辿っていくと、ユニクロに着きます。 肝心な店舗を 写すのを忘れた!
店内に飾っている写真を見ると、オペラ辺りにユニクロの大きな店舗が あるのかな?
外国で ユニクロを見ると、なんだかちょっと違う雰囲気で 面白い。 でも、高かったよー!

そろそろ、お昼ごはんでも 食べに行きましょう!


・・・ つづく。