ルバーブのタルト

今の季節にでる フレッシュなルバーブ。

スイバやソバと同じグループに属する植物で、赤、ピンク または緑色の茎に 広い葉脈のある
葉がついています。 見た目はセロリのような この茎の部分を食べるわけですが、レモンのような
酸味が特徴。 その昔、薬として使われていたそうです。

お砂糖を加え、コンポートやコンフィチュールにして、お菓子に使います。
でも 果物ではなく、野菜なのだそう。
苺やりんごなど 甘みの印象が強い果物とと合わせても、美味しいです。


” オ・グルニエ・ドール ” の ” ルバーブのタルト ”

         グルニエドールルバーブのタルト

うーん、美味しすぎる。 

ルバーブ、実は ちょっぴり苦手でした。
というのも、こんなに酸味が強いものだと知らず、コンフィチュールを ヨーグルトにたっぷりかけて
しまい、後悔したことがあるから・・・。

このタルト 他のものと組み合わせず、ルバーブだけで作られていますが、しっかり熟したものを
使っているからかなぁ。

ルバーブって、こんなに美味しかったんだ!
もう1個、買ってこればよかった・・・。