北野 で フレンチ

友達が 誕生日だったので、ご飯を食べに 行ってきました。
「 どこか 行きたいところ ある 」と 聞いておきながら、
「 ここは どう 」 ( 直訳 :ここに するからね ) と 勝手に決めました。
まぁ、私が 行ってみたいお店を 選んだわけです。

神戸・北野にある フレンチ
地下にある こじんまりしたお店 だったのですが、ランチタイムでも 満席でした。

今回は、お魚 と お肉 のよくばりコース  (もちろん、こんなコース名 じゃないですよ)
前菜 に、甘エビ のタルタル、サーモンの ・・・ ( 名前を覚えていません)
甘エビ のタルタルは、一口サイズの 銀のスプーンに 盛られて出てきました。
スプーンがとっても、お洒落 でした。
サーモンは、表面を軽く炙って、温泉卵や 他のお野菜 と一緒に、サラダ風。

スープ は、冷たい 桃のスープ。
桃のスープって、ご存知ですか? 私は 2度目でした。
随分前に、東京にあった レストラン で頂いたことがあります。
(現/軽井沢・エルミタージュ・ドゥ・タムラ)
ほんのり 桃の甘さと しっかりした スープの お味。 どんなものが入っているのか、
真剣に考えながら 口へ運んでいると、あっと言う間に 無くなってしまいました。

お魚 は、平目とアスパラ ・・・ うにのソース。
平目は蒸して アスパラ とミルフィーユのように 層になっていました。
サクサクの パイ生地と、濃厚な うにのソース を添えて。

お肉 は、ほろほろ鳥 のブレゼ (これは、内容を聞いたので、覚えています
こちらも、軽く蒸した ほろほろ鳥に 手造りの マスタードソース。

さっぱりめの お料理が続いてしまったことを、少し後悔 しましたが、なにせ ボリュームたっぷり。
ちょうど よいぐらい でした (どれだけ、食べるの・・・)

それにしても、なぜ こんなに お料理 (ワインも) の名前を 覚えるのが 苦手なのでしょうか。
おまけに 写真を 撮ることさえ、忘れます。


事前に お願いをしていた、友達への サプライズ
デザート のプレートに Happy Birthday のメッセージと、小さなキャンドルを 準備してもらいました。

お料理は どれも たいへん美味しく、お皿 や 盛り付けも 素敵だったのですが、
満席だったからか、お料理がでてくるのが、ちょっぴり遅かったり、空調が悪くて、ちょっぴり暑くて、
『 う~ん、残念 』 という気持ちに なっていました ・・・。

帰り際、マダムが 私に 「お友達は、喜んでおられましたか? 記念日に お手伝いできて、
たいへん嬉しいです」 と 笑顔で 話しかけて下さいました。

マダムの笑顔と、その一言で 私の不満も 消えていきました。
今度は、空いている日 (笑) に ゆっくり 伺いたいと 思います。


デザート : トロピカル フルーツ のクレープ包み ・ クレーム ブリュレ ・ マンゴー のアイス

recette.jpg

デザート だけは、写真を 撮るのを 忘れないんだな、これが

12 Comments

ぶぶ~  

デザートだけは写真撮り忘れないtomokoさんv-274

フレンチは繊細でよいですね~。
私、今、イギリスの質実剛健料理と格闘中です。

2007/07/29 (Sun) 18:26 | REPLY |   

ピノコ  

ヽ(^。^)ノ

モモのスープ飲んでみたい!!
そんなの口にしたことないもん♪
うにのソースのお魚もいいなぁ。。

ま、結局どれも食べたいんだけど(*^^)v

2007/07/29 (Sun) 19:02 | EDIT | REPLY |   

angelique tomoko  

ぶぶ~さま

コメント、ありがとうございます。
今は、イギリスに滞在されているのですよね。
そちらの気候は、いかがですか?
私は、イギリスを訪れたことがないのですが、パリで友達とご飯を食べている時、
隣のテーブルに座られたご夫妻が、「パリまで食事に来ることが楽しみなのe-291」と言っておられたのが、
印象に残っています。

またブログを読ませて頂きます。
リフレッシュしてきて下さいね。

2007/07/29 (Sun) 21:05 | EDIT | REPLY |   

angelique tomoko  

ピノコさま

桃のスープ、衝撃的ですよe-250
1度目は、もう15年ぐらい前のことなので(笑)、今回とお味を比べることはとても出来ませんでしたが、
今回のスープも、とっても美味しかったです。
どんなものが入っていたのか、聞きたかったのですが、なにせサービスの方々が
大変お忙しそうにされていたので、遠慮しました。

お魚料理、とっても美味しかったです。
夏場は、食欲が落ちるはずなのに、
こういう場合は、食欲増進ですねe-271

2007/07/29 (Sun) 21:10 | EDIT | REPLY |   

うー  

あ~おいしそ~!
桃のスープ、私も京都で食べた事あります。
基本的にお食事で甘いものは、すき焼きや肉じゃがでも
許せないほうなんですが、桃のスープは・・・
許せる許せないと言う前に無くなる(爆)!

2007/07/29 (Sun) 22:51 | REPLY |   

angelique tomoko  

うーさま

京都にも、「桃のスープ」を、出しているお店があるのですねー。
後味がさっぱりしているからでしょうか、「桃?」と驚きながらも、
あっという間に、無くなってしまいますよね。


2007/07/29 (Sun) 23:01 | EDIT | REPLY |   

MIHO  

最近は料理に意外なフルーツ使うの増えましたね~
昔は、鴨ローストに甘いソースでも違和感ありましたが、最近は苺や桃やデザートとしてではない時によく出会いますね。
家ではまだまだ柑橘系をサラダや酢の物に使うぐらいです…

2007/07/30 (Mon) 08:57 | EDIT | REPLY |   

chocolate  

食べた~い

私もこの桃のスープとっても気になる。
食べたことないよ。
甘いけど野菜とか塩っけのものと
混ざってるってことだよね。
って表現辺だけど。
食べてみたい。
今度はぜひ忘れず写真とってね。

2007/07/30 (Mon) 19:12 | REPLY |   

angelique tomoko  

MIHOさま

お料理に果物、そしてデザートにお野菜が使われることが、流行っているみたいですねー。

確かに、普段の食卓ではなかなか真似ることは難しいですよね・・・。

2007/07/30 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   

angelique tomoko  

chocolateちゃん

桃のスープ、まったく分析できませんでしたe-276
桃自体のお味は、結構しっかり出ているんだよねー。それが、不思議。
綺麗なピンク色だし・・・。もう一度、行くしかないかe-282

でもね、今回サービス係って大切だなぁ、と思ったの(偉そうに・・・)
皆さん、忙しくされていたので、お料理の名前を言ってくださるだけで、すぐに下がっていかれるので、何も質問すら出来なくて。
前によく行っていたイタリアンでは、似たような調理方法や、全体のバランスを考えて、サービスの方が、「こちらのお料理では、いかがですか?」と、とても丁寧にアドバイスしてくれたので、ちょっと物足りなかったな、と思います。
ソムリエさんも居たみたいだけど(私はグラス・シャンパン)充分に力を発揮できないだろうなぁ、なんて思ったり・・・。
以上、辛口発言でした。失礼しました。

でも最後にマダムが、話しかけて来て下さったのが、嬉しかったです。
マダムという存在は、レストランにとって、やはりとても大切なんだねe-420

2007/07/30 (Mon) 21:29 | EDIT | REPLY |   

うー  

ふと思い出したのですが・・・
スープじゃなかったかもしれません。
桃のパスタだったかな(汗)。
私のアタマ、怪しくなってしました(涙)。
習ってたイタリアン教室でフルーツのスープを作ったのと
ごちゃ混ぜにしてるのかもしれません。

2007/07/31 (Tue) 09:33 | REPLY |   

angelique tomoko  

うーさま

桃のパスタですかe-2 それも凄いですねぇ。
イタリア料理の教室にも、通ってらっしゃいましたものねー。
また不思議なお料理に出会ったら、教えて下さいね~。

2007/07/31 (Tue) 21:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment