3月のお菓子教室が終わりました

今日は、1日ぽかぽか陽気でしたね。
雛祭りということで、テーブルには、菜の花とピンク色のスイートピーを飾りました。
(残念ながら、写真にはちらっとしか写っていません・・・)

3月のレッスンは「フルーツのロールケーキ」「ラング・ド・シャ」でした。

「フルーツのロールケーキ」は、卵たっぷりのふんわり柔らかいジェノワーズ(共立てのスポンジ
生地)に、クレーム・パティシエールと生クリームをあわせたクレーム・ディプロマットと生クリーム、
そして季節の苺・キウイ・バナナとフレッシュなフルーツをたっぷり巻き込みました。

まず、しっとりきめ細やかな生地を作ることが何より大切です。
充分に卵を泡立てること。そして、焼きすぎないこと。
この生地をマスターできると、ショートケーキも上手に作れますよ

そして、クレーム・パティシエール。
難しいようで、一度コツをつかめば、とても簡単にできるクリームです。
今回も皆さんにじっくり目で確かめて頂きながらの作業でした。
少し軽い口当たりにしたかったので、クレーム・ディプロマットのほかに生クリームも使います。

フルーツは、お好みのものを選んで下さい。が、水分が多いフルーツはやや不向きです。
缶詰などを利用されても、いいですね!

『の』 の字に巻き込むのは、なかなか難しいですが、綺麗な形に仕上がりました。
今回は、ご自分で作られたロールケーキを、ご試食用とお持ち帰り用とに分けて頂きました。

フルーツのロールケーキの横にいるのが 「ラング・ド・シャ」
仏語で「猫の舌」という意味のお菓子です。
クレーム・パティシエールで卵白が残るので、それを利用した焼き菓子です。
作り方はとっても簡単。バターと粉砂糖と卵白・薄力粉をただ混ぜるだけ。
よくアイスクリームやデザート皿にちょこっと乗ってきますよね。
シガレットというお菓子は、この生地を焼いた後、まだ熱いうちにくるくる巻いたものを言います。
今回も、お口直しにぴったりのサクサク☆美味しいラング・ド・シャでした。

そして、今回の紅茶は、和泉市にあるT.YOKOGAWAで購入した「メリメロ」
フランス・ジョージキャノン社の紅茶なのだそうです。
とてもさっぱりした紅茶で、今日のお菓子にはぴったりでした。

030307.jpg


次回のレッスンは、4月7日(土)15h~
「トマトソースのキッシュ」と「胡麻のサブレ」です。