手作りお味噌

 P1073976b_20170116134615fb5.jpg

京都・musubi-cafe 嵐山店で、国産有機大豆と麹の味噌作りワークショップに参加してきました。

去年は、自分で材料を取り寄せて作ってみたものの、やはりきちんと説明を聞いて作ってみたい。
と、友人に声を掛けてもらいました。

有機大豆は、石川県産 ” さとのほほえみ ”
まずは茹でたままのものを頂きましたが、大豆自体が甘くてとても美味しい。

米麹は、京都・静原ミレットファームの隅岡さんのもの。
私のあやふやな記憶ですが、随分前に中崎町/Common Cafeで店主をされていたミレットさんかな。

お塩は、こちらも講師の方のおすすめで、中国・恵安の塩。
太陽の日だけで全く加熱していない、ミネラルたっぷりなのだそう。

大豆はすでに茹でて準備して下さっていたので、まずは塩切り麹を作って、大豆をミンサーで
つぶしていきます。
体力面では自信あり! みんなで交代ですると、あっという間でした。
そして 2つをしっかり混ぜ合わせ、固さを調整しつつ、空気を抜いて 容器に入れます。

ここで、ワークショップは終了。
出来上がった約4kgのお味噌は予想以上に重かったのですが、電車はできる限り座ることを
優先にして のんびり帰ってきました。

帰ってからすぐに、用意しておいた酒粕をお味噌の上に敷き詰めて、乾燥しないようにラップ
で密閉して、戸棚の奥へ。

・・・ 出来上がりまで、約10ヶ月。
たまに様子を伺って、気長に待ちますか。