2017/03/23.Thu

レストラン パトゥ Patous

P3204083a.jpgP3204088a.jpg

家族でお祝いごとがあったので、神戸元町 / レストラン パトウ Patousヘ。

 パプリカのムース・トマトのソース / 魚介類のサラダ・クスクス添え

P3204091a.jpgP3204092a.jpg

 ほうれん草のスープ / 舌平目のソテー・じゃがいも・ケッパーのピュレ

P3204096a.jpgP3204102a.jpg

 スペイン産どんぐりを食べて育った豚さんと春野菜 / 苺のクレープ

素材のよさを生かした、シンプルかつ繊細で、季節感のあるお料理。
いつも本当に美味しいです。
そして食べ終わったら、次もまた行きたい。と思ってしまう居心地のよさ。

お家でお祝いをしてもよかったのですが、買い出しや準備、片付けも大変…。
こちらのお店、お料理が出てくるまで 少し時間がかかりますが、その間に みんなで色んな
おしゃべりも出来たし、ゆったりといい時間になりました。

去年春に伺ったのを、シェフが覚えていて下さり、嬉しかったです。
そして記念すべき、甥っ子くん 本格的フレンチ デビューの日☆
フォークとナイフ、もうちょっと上手に使えるようになろうね~。
Restaurant
2017/03/19.Sun

出石皿そば

          P3184070a.jpg

柴山からの帰りに、出石へ寄り道。
ちょうど春を告げる 初午大祭りが行われていて、とても賑やかでした。

          P3184074a.jpg

出石城を散策した後は、お目当ての皿そば。
一番人気のお店は すでに大行列だったので、ミシュランガイド兵庫県版に おススメとして
掲載された 輝山(きざん)で頂きました。
二階のお座敷からは、辰鼓楼を眺めることができます。

輝山名物は、白そばと黒そばの食べ比べ。
写真は黒そばですが、そばがらの一部を取り除いたという白そばが上品でなかなか
美味しかったです。
Voyage
2017/03/18.Sat

柴山/まる屋

          P3174062b_20170321224642a43.jpg

蟹シーズンが終わる前に、柴山・番かにを食べに行ってきました。
宿は、2年前にも伺ったことのある ” まる屋 ” さん。

前回は1月の冬まっただ中だったので、あまりにも寒すぎて 一歩も外には出れませんでしたが、
今回は海へお散歩もできました。 
それでも、今年は例年よりたくさん雪が積もって、大変だったそうです。

          P3174060a_201703212249168c6.jpg

柴山港は、ピンクのタグ。
まずはお刺身とほたるいか、そして炭火で 焼きガニ・甲羅みそからスタートして、しゃぶしゃぶを
楽しみ、蟹なべと続きます。そして思う存分頂いた後に、雑炊で〆。
美味しすぎました。


P3184069a.jpg

翌日の朝ごはん。
色んな地元のモノが少しずつ。 いつもパン派の私ですが、旅先では和食が好きです。

         P3184066a.jpg

せこがにご飯。 じわじわと旨みが出てきて、本当に美味しい~。
女将さんが「お土産に。」と、せこがにご飯で おにぎりも作って下さいました。
ありがとうございました。
Voyage
2017/03/17.Fri

Saint-HonoreⅡ

          IMG_1984.jpg

4月の 【Saint-Honore / サントノレ 】 お申込み受付中です。

どんな風になっているのか。とお話しますと、
パートブリゼの周りを囲むように、丸くシュー生地を絞ります。
そして、プチシューをそれぞれ3個ずつ。 

焼きあがったプチシューの片方にキャラメルをつけて、中にクレーム・パティシエールを詰め、
そこにまたキャラメルをつけて、台になるシューにおきます。
プチシューの間には、クレーム・パティシエールをのせて、動かないようにと美味しさをプラス。
最後は、クレーム・シャンティイを可愛く絞って仕上げます。

こう書くと、なんだかとても難しいような気がしますが、一つひとつの作業は基本そのもの。
カリカリのキャラメルがついたシュー、とっても美味しいです。
お菓子教室
2017/03/12.Sun

Saint-Honore / サントノレ

          IMG_1952.jpg

4月のお菓子教室は 【Saint-Honore / サントノレ 】

まだまだ試作中ですが、シュー生地のお菓子 サントノレにします。
パータ・シューをはじめ、クレーム・パティシエール、クレーム・シャンティイ、キャラメルと
フランス菓子の基礎が、ぎゅっと詰まったメニューです。
ひとつひとつ丁寧に作業して、美味しいサントノレを作りましょう!


■ 4月 1日(土) 15h ~ 18h30  * お席がございます。
      2日(日) 11h ~ 14h30  * ありがとうございます。満席です。

レッスンご希望の方は、お名前・ご連絡先(携帯番号)・メールアドレスをご記入の上、
atelier_angelique@hotmail.co.jp まで お申し込みください。

□お持ち物
 エプロン・ハンドタオル・筆記用具・保冷バッグ

□キャンセルについて
 なるべくお早めにご連絡ください。
 レッスン1週間前より、キャンセル料をいただいております。ご了承ください。
 
□キッチンの場所について
 大阪市中央区島之内で、レッスンしております。
 お申し込みいただきました方に、詳しくご案内させていただきます。   

■初めてお申込みされる方へ
 たくさん教室がある中で、当教室を選んで下さり、ありがとうございます。 

 H29.3月より、初回お申込み時のみ、先にご入金をお願いしたく思います。
 まずはご希望の日時をご連絡いただきましたら、こちらの振込先をお伝えいたします。
 ご入金を確認後、正式にお申込み完了となります。どうぞ、ご了承下さい。

皆さまのご参加、お待ちしております。   
お菓子教室
2017/03/11.Sat

フランスフェア 2017

          IMG_1918a.jpg

阪急うめだ本店での催し フランスフェア 2017 へ出かけてきました。
毎年取り上げられる地方が変わるので、地方好きな私には それが楽しいのです。

今年は、ロワール地方とヴェルサイユ。
ですが、ブリオッシュやタルト・タタンなど たくさんの人が並んでいるところを避けると、
オリーブやピエール・オテイザのパテなど・・・、結局いつもの所で買い物をすることに。

それじゃちょっと寂しい。ということで、
ヴェルサイユ市内にあるビスケット店 La Varenne/ラ・ヴァレンヌ で、買ってみました。

なんでも、オーナーで歴史学者のル・コルニックさんが、ルイ14世おかかえのパティシエの
レシピを解読し、再現したというものだそう。

早速食べてみましたが、今とそんなに変わらないかも・・・。
むしろいい材料を使っているので、当時よりきっと美味しいはず。
昔のご婦人方はどんなおしゃべりをしながら食べていたのだろう? と、ちょっとワクワクした
ティータイムになりました。
日々のできごと
 | HOME | Next »